【初心者向け】英語を使った仕事を探す方法、転職する方法について詳しく解説します

転職

・英語を使った仕事をしてみたい

・自分の英語がビジネスで通用するのだろうか?

・英語力って、どれくらい必要なのか知りたい

MAO
MAO

わたしも海外営業として働く前には、知らないことばかり。
初転職をきっかけに、グローバル企業で10年以上勤務をつづけたことで、TOEIC940点まで上がりました

当記事では、以下を中心に解説します。

  1. 英語を使った仕事の探し方、転職する方法について
  2. 英語を仕事で活かすには、どれくらい英語力が必要か?について

わたしは学生時代に英語を勉強していましたが、自分の英語に自信がありませんでした。
自分の英語がビジネスで通用するのだろうか?」こんな不安がありました。

しかし海外営業を始めて、ビジネス英語は完璧でなくても大丈夫、ということを知りました。

MAO
MAO

英語はあくまで手段、自分の言葉で伝えればコミュニケーションに支障が出ることはありません。(相手が理解することが第一優先なので、簡単な英語で問題なし

 

また、本当に英語を仕事に活かしたいと思っているなら、まず始めることが最優先です。
なぜなら、英語力は実務を通じてブラッシュアップしていくことが、もっとも効率的だからです。

MAO
MAO

世界の動きは想像以上に速いため、すぐ行動して、最速で経験を積むことが大切。
グローバル市場で必要とされる人材になって、キャリアをドンドン上げていきましょう。

英語を使って働ける会社へ転職するには

英語を仕事で使用したい場合、以下の順番で転職活動を進めていきます。

  1. 転職エージェントに登録する
  2. 必要な英語力をつける

転職エージェントに登録する

最初にすることは、転職エージェントに登録すること。
英語を使った仕事(求人)を探すには、以下の転職エージェントがオススメです。

① エンワールド・ジャパン
② ロバート・ウォルターズ・ジャパン
③ doda(パーソルキャリア)
④ マイナビ

 

MAO
MAO

わたしも実際に使用してきたエージェント、会社を探す時間をグンと短くできます。以下で具体的に解説しています。

必要な英語力をつける

転職エージェントに登録が完了した後は、自分の入社したい企業が求めている英語力募集要項をチェック。

  1. 自分の現在の英語力が、企業の求める水準に達しているか
  2. 英語以外のスキルセットと経験が、企業の求める水準に達しているか

1が水準に達していない場合、TOEICの勉強など、英語力を高めることが最優先
たとえばTOEIC600点以上必要であれば、TOEICの勉強に時間を使います。

 

MAO
MAO

1がOKであれば、次は2を確認。スキルセットと経験を満足できていれば完璧ですが、不足している場合は転職エージェントのコンサルタントに相談してみましょう。

英語を仕事に活かして転職するには、どの程度の英語力が必要?

求められる英語力は、転職する会社と仕事内容によって異なります。
以下の2つに分けて、考える必要があります。

  1. 転職(入社)するために必要な英語力
  2. 転職(入社)した後、必要な英語力

転職(入社)するために必要な英語力

まずスタート地点に立つ(求人に応募する)ため、転職先の企業がどの程度の英語力の方を探しているか、確認します。

MAO
MAO

仕事内容によって異なりますが、以下を参考としてもらえればと思います。

  • TOEIC600点前後 → 初級者向け
  • TOEIC700点~800点 → 中級者以上向け
  • TOEIC900点以上 → ネイティブに近い上級者向け

TOEIC900点以上の人材を求める求人は、レベルがかなり高いです。
(TOEIC900点以上取得している人は、TOEIC試験受験者の5%未満)

なので、狙っていくべき求人の英語力は、600点~800点とする、
焦点を定めることで、英語を使った仕事に転職する成功率が上がります。

MAO
MAO

TOEICのスコア別に転職ができる職種の例を、いくつか記載します。
主観ですが、ぜひ参考としてみてください。

✅TOEIC600点前後 ・初級レベルの海外営業職(アジア担当)
・外資系ホテル、空港
・貿易実務
✅TOEIC700点~800点 ・外資系企業の営業職
・海外営業職(欧米圏担当)
※国内営業から、海外営業に転身できる水準に達している
✅TOEIC900点以上 ・通訳翻訳
・外資系企業のコンサルタント

転職(入社)した後、必要な英語力

あなたの英語力が、企業の求める必要最低の水準以上であれば、今すぐ転職することをオススメします。理由は、仕事で必要な英語力は、仕事を通じてドンドン上がっていくからです。

MAO
MAO

英語でも、パソコンでも、毎日使っていれば自然と覚えていくもの。
逆に言えば、仕事に必要のない英語は、無理に時間を使って学ばない方が時間を有効活用できます。

まずは転職して、その環境に身を置いて、英語力を上げる仕組み(環境)をつくることにフォーカスしてください。

英語を使った仕事(会社)に転職すれば、年収って上がる?

英語力をつけて、仕事に活かしていくことで、年収アップにつながります。
これには、以下の理由があります。

  • 日本には英語をビネスレベルで使用できる人材がすくないので、希少性が高い
  • 今後、日本の国内市場はシュリンク(人口減少)していくので、企業は海外に目を向けていかないと収益を伸ばしにくい
  • 観光業が今より栄えていく(インバウンド需要が上がる)ことが予測される
MAO
MAO

日本で今後盛り上がっていく産業として、観光業は外せません。
これは日本食(WASHOKU)がユネスコ無形文化遺産に登録されたこと、欧米圏からの旅行者にとっては安価で訪問しやすい国であること、などが理由です。

また、ITや金融といった産業では、アメリカを中心とした欧米系企業に遅れを取っています。
かつては輸出の軸であった白物家電も、現在では韓国のLGやサムスン電子にかないません。

なので、英語を自分のスキルセットとして確立させて、他の経験と掛け合わせていくことが、これからの転職市場で勝ち残っていくポイントです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました